結婚相談所のプロフィールの書き方!男性・女性別

婚活始めることにしたからさっそく結婚相談所に入会してみました!

やる気が出たんだね!いいぞいいぞカツ子ちゃん!じゃあまずはプロフィール作りからだね!

それが、コン先生...なかなかプロフィール作りでつまずいてて...何をどう書けば良いやら全くわかりません...

わかるよわかるよー。でもね、書き方のコツさえつかめば、高感度アップ、お相手から、この人いいなーと選ばれるプロフィールができるから安心して。少しづつ説明していくよ!

コン先生お願いします!

「婚活始めます!」と思った方はこちらの記事も参考にしてください!

結婚相談所に入会!プロフィールは何より大事

結婚相談所に入会して最初にアドバイザーなどと行うのがプロフィール作成。結婚相談所を利用しての婚活はこのプロフィールなしには成立しません。

よく自然に出会い、恋愛結婚した方から聞くことがあるのが、

「第一印象は最悪だったけど、一緒に働いているうちにだんだん人柄に惹かれていき、いつの間にかお付き合いしていました。今では、結婚した彼との間に2人の子供がいます。」

というような

最初は恋愛対象ですらなかったのに、

タイプじゃ全然なかったのに、

知り合って一緒にいる時間がある程度長かったがため、恋愛→結婚に至る、のようなパターンありますよね。

全くではないですけど、結婚相談所ではそういう流れはほとんどないと考えて良いでしょう。

結婚相談所にもよりますが、「3ヶ月以内で交際→1年以内に成婚」のようにいつまでに、という目標設定をしている場合が多いです。そうなると、自然に出会う恋愛とは違い、効率よく相手を探す必要性が出てきます。プロフィールに書かれていることをもとに自分の条件に合うかを判断し実際にお見合いするかを決めることになるので、とっても重要なのです。

就職活動でいえば、履歴書や職務経歴書のようなものですよ!

なるほどー、それは最初にやることとはいえ一番重要なカギって感じよねえ。

そうだよカツ子ちゃん。では、実際プロフィールにはどんなことを書き込むようになっているか見てみようか。結婚相談所によって少し違いはあるけど大体こんな感じになっているんだよ。

みたいみたいー

結婚相談所のプロフィールに書く内容はこんな感じ

年齢、居住地などの基本情報

基本情報はこのような項目が設けられていることが多いです。

年齢
居住地・出生地
身長・体重
婚姻歴
子供の有無
同居家族
職業・年収
宗教
既往症
飲酒・タバコの嗜好について

などなど。

お相手に望む条件

ここはフリースペースになっていることが多いですが、結婚相談所によっては箇条書きなど設けている場合もあります。ここには親との同居はNG、離婚歴のない人、など自分が譲れない条件を書いたり、できればこうして欲しいという条件も書くと良いです。ただ、あまりにも条件が多すぎたり、主張の激しい書き方をしてしまうとなかなかお相手から選ばれないということにもなります。後ほど詳しく書き方を見てみましょう。

自己PRなどのフリースペース

とっても重要なこのスペース。このような流れで記入するのが一般的です。

始めの挨拶
婚活をすることになったきっかけ
趣味、好きなこと
休日の過ごし方
結婚観
最後の挨拶

ここは自分の人柄などが判断される大事なスペースなので一番力を入れるべきところです。素っ気なさすぎず、長く、くどすぎず書くのがポイントです。こちらも後ほど書き方を見てみましょう。

こんなに書くことがいっぱいあるとは、うう

大丈夫だよ!カツ子ちゃん、確実に選ばれるプロフィールを一緒に書いてみようか!

え!今ですか!わかりました

実際にプロフィールを書いてみよう

えっと、まずは、基本情報ね〜...

カツ子ちゃん!ダメダメ!ここ、嘘書いてるよ

うう!コン先生わかります?

プロフィール見てお相手が実際会うかどうか決める大事な材料なの。会って、あれ、実際より年上に見えるな、とか、太ってるなとかなるとせっかくのお見合いが一回流れることになるんですよ。見た目のことを今話したけど、宗教や既往症、嗜好についても嘘はダメですよ!ちゃんと飲酒は「する」にしなさい!

そんな酒ヤクザじゃないからいいかと...

もしお付き合いが始まって、お相手がカツ子ちゃんに飲酒を望んでないけどカツ子ちゃんが飲みたいなーと思った時はどうするの?プロフィールは正直に書いてね。

はい...

基本情報に嘘は書かないこと

身長や体重にコンプレックスを持っている方、「ちょっとくらい盛っても大丈夫だよね」と実際より相当高い身長を記入したりするのはやめましょう。すぐにバレてしまいます。

そのようなちょっとした嘘はお相手の信用を失ってしまいます。

男性の場合で身長をごまかそうとする方が多いですが、女性の場合は体重をごまかす方が多いですよね。ただ、体重って普通仲の良いお友達などにもあまりさらさないプライベートなものだから「え?記入するの?」と抵抗もあるのはわかります。ただ1、2キロなら良いですが、10キロなどは「プロフィールと全然違うな」とバレてしまうのでできる限りで実際の体重を書くようにしましょう。

また、宗教、既往症などは黙っていた方が出会いのチャンスがある、と思う方もいると思いますが、もし実際お付き合いが始まり成婚の流れになったら、一緒に生きていくことになります。宗教などの戒律で食べ物のタブーがある、などお相手が知らないと自分もあとで色々苦労することは必ず伝える必要があるのです。精神疾患や糖尿病などの既往症なども同じように正直に記入しましょう。

ここは迷うところですが、お酒やタバコについて悪印象を与えるような気がする、と本当は飲酒や喫煙の習慣があるのに書かない方もいらっしゃいます。これもあとで自分を苦しめることにつながりそうなので、嗜好の習慣については有無を正直に書きましょう。

特に嗜好については、正直に書いた方が同じ嗜好の方と出会えることも期待できます。

毎日泥酔するまで飲むのではなければ、補足としてたしなむ程度、時々ご褒美として飲むお酒が好き、など好印象を持たせる書き方もできますよ。

お相手に望む条件は完結に優しく

カツ子ちゃん、ここまでわかりましたか?

はい!お酒は飲む、に○しますが補足でいい感じにしておきます!

自分の基本情報が終わったら、今度はお相手への希望を書いてみよう!

お相手の希望...うーぬ、どう書こうかな...

カツ子のお相手への希望

婚姻後も仕事継続を希望

親との同居不可

タバコ喫煙者は希望しない

転勤のない方希望

こんな感じかなあ...

もうね、ただただ乱暴だよね。書き方が乱暴。もう少し愛のある書き方をしようか。

愛かあ。お手本教えてください!

お相手の希望については、自分はこれがいい、あれが嫌、ということをどう書いたらわがままととらわれにくく、かつネガティブな表現を極力無くして書くようにできるかがコツとなります。

カツ子ちゃんが書いた「婚姻後も仕事継続を希望」「転勤のない方希望」というところはまとめてこう書くといいと思うよ。

添削後

今の仕事にはやりがいを感じています。住み慣れたこの街で一緒に協力し合いながら人生を共にできる方と出会えたら嬉しいです。

一気にやさしくなりましたね!「親との同居不可」はどう表現すればいいんですかね?

ここはねえ、微妙なんだよね。あえてお相手への希望へは記入しない方が良いかなあ。もし、選択肢がある時はそこに記入するに留めましょうか。

タバコについては、私譲れないんです!

わかります!タバコについては喫煙者は不可の旨をやさしく書き換えましょう。

添削後

自身も健康に気を使っており、お相手の方もご自身の健康に気遣える方を希望します。タバコなどの喫煙習慣もない方を希望します。

希望条件を書くとなるとどうしても箇条書きになってしまう傾向があります。上記のように一見相手を否定するネガティブな内容も、前にクッションとなるポジティブな文章をつけるだけでだいぶん柔らかく、自分も大事にしつつ、人も思いやれる優しい人なんだな、という印象を与えることができます。

特に女性の場合、あまり条件がつらつら多く記入してあると、わがままでめんどくさそう、という印象を与えてしまいますので気をつけましょう。

カツ子ちゃんの条件を例にやってみたけど、今度は男性がお相手への希望条件を書くときに気を付けるポイントを見てみようね。

男性がお相手への希望条件を「料理が上手な方で家事をこなせる方」「専業主婦希望」など書いていると女性は、「この人家事も手伝ってくれなさそう」と思ってしまう可能性があり敬遠されがちです。ただ、どうしてもここはゆずれないというポイントであれば先ほどから同じことをいいますがポジティブで相手を思いやる印象で表現し、さりげなく自分の希望条件に当てはまらない人は外し、自分の希望に合う人だけをターゲットにしていくことが大事です。

こんな風に書くと良いですね。

男性の希望のお手本

家事も協力しながら一緒にあたたかい家庭を築けるお相手を希望します。

はっきりどうして欲しいということはこの一文には書いてはいませんが、ちゃんと「家庭」という一言が家庭的な女性に向けられているような文章に仕上がりました。

また、女性は年齢、容姿や体型についての希望を書かれるとちょっと引いてしまいます。「25歳以下」「スタイルがいい女性が好みです」など、このご時世もはやセクハラにもなりかねないような内容は避けましょう。

自己PRでは冒頭の挨拶は忘れず

「はじめまして、自己紹介を読んでいただきありがとうございます」などの感謝の気持ちは忘れずに入れましょう。

趣味は女性はストイック、お洒落すぎるものはNG

カツ子ちゃんの趣味は何かな?

最近会社の上司にゴルフに連れて行ってもらって、それ以来ハマってます

いきなりきたねー、ゴルフ!男っぽすぎるよね

えー、でも男性ってゴルフする方多いですよね

自発的にゴルフする女性は男まさりな印象があって逆に敬遠されちゃうよね。教えてもらう、みたいなスタンスに変えると良いかなあ。

他にもNGな趣味ってあるんですか?

そうだね、じゃあ見てみようか

女性がプロフィールに自分の趣味を書く時に気をつけたいのは、ストイックだったりお洒落すぎる趣味は男性の心に刺さらないのでやめた方が良いということです。ヨガなどは女性のご自身に対する自分磨きのように一見意識が高くて良い気がしますが、男性にとってみると一緒に楽しめる趣味ではないからこの人とは合わないかも、と思われてしまう可能性があります。ヨガなどの趣味はふんわりぼやかしてこう書くと良いでしょう。

見本

スポーツなど体を動かすのが好きです

海外旅行やショッピングもあえて趣味の欄に書いてしまうと、「お金がかかりそう」と思われてしまうので避けた方が良いです。

男性にとってこの人いいな!と思わせる趣味は何か共通してできるものです。例えば今流行りのネットフリックスやAmazonプライムなどの動画配信サービスでドラマや映画を見るのが好きな方であれば、男性も一緒に見れるかな、などと思ってくれます。あまりにもアニメばかり、というようなオタクっぽい感じは控えた方が良いですが、趣味に書く時は韓国ドラマやどの映画など具体的に記載しましょう。

30代女性の婚活について、こちらの記事もおすすめです!↓

男性の趣味は本来の自分をアピール

仕事で働き盛りの男性だと休日は特に何もせず過ごします、という方も多いです。とはいえ、趣味はありません、ではあまりにも素っ気ないですよね。だから趣味はちゃんと書きましょう。趣味を無理矢理作ろうとしていつもはインドア派なのにアウトドア派を装ったりするのは絶対やめましょう。女性はここの趣味のところをよく見て、実際会ってみたい!という判断材料にしているので、もし本当にコアなアウトドア派の女性が一緒にキャンプを楽しみたい!という理由で会う流れになった時、後が辛いですよね。

男性の趣味の書き方見本

休日は家でのんびり過ごすことが多いですが、たまに友人とキャンプに行ったりもします

くらいにとどめておきましょう。

また、無趣味です、と自分では言って家で過ごすことが多いという場合でも、テレビや本など意外と読んでいることもありますよね。

男性の趣味の見本2

好きな本を読んだり、大好きなサッカーの試合をテレビで見るのが好きです

ということでも良いですね。

記入を避けた方が良い趣味はギャンブル、オタク系(アイドルなど)、ゲームです。

ギャンブルは言うまでもないですね。お金が一気になくなる気配しかしません。

オタク系もちょっと避けたいな、と思う女性が多いです。

ゲームは非生産的な時間が多く費やされそうでなんか微妙ですね。

女性の性格は癒しがポイント

カツ子ちゃんはサバサバしてるよね。

よくそう言われます。

そうか。できるだけ嘘がない範囲で癒し、と落ち着きを性格のところでは推したいよね。

そうなんですね。具体的にどんな風にすればいいんですか?

じゃあカツ子ちゃんが書いた性格をこっちで添削していくね!

カツ子が書いた自分の性格

明るい性格でいつもムードメーカー的な役割を果たしています。

カツ子ちゃん、もうこれ婚活仕様じゃないよね。笑。女子力のかけらがないよ。

うう。

じゃあ添削するね。

添削後

周りからは一緒にいて楽しいと言われることが多いです。友人や同僚とはいつも楽しく笑顔で過ごせるよう心がけています。

ポイントは、自分がこう思う、私はこんなところがすごい!のような手前味噌感を出してしまうと「自慢しているのかな?」となってしまうので、周りからこう言われている、他の人といる時はこう心がけている、などの表現にするのがポイントです。人への気遣いができる優しい性格→癒しにもつながります。

また、女性で人と喋るのが苦手で...という方が多いのですが、こんな表現をすると良いでしょう。

女性の性格の書き方見本

人の話を聞くことが好きで、聞き役に回ることが多いです。友人などからは一緒にいて落ち着くと言われることが多いです

自分が短所と思うところもさりげなくポジティブな内容で長所に変えていくような書き方が大事です。

男性は欠点も少しだけ出すこと

男性の場合は、お相手によく思われたいと思う気持ちが強くなり、ついつい傲慢な書き方になったりすることがあります。他にもありがちなのが短く素っ気なくなりがちなことです。細かく、優しい人だな、と思われるような書き方が理想です。

男性の性格の書き方見本

のんびりしていてマイペースですが、周りからはおおらかな性格と言われます

前に少しだけ欠点を持ってきたことで、自分に欠落しているところがあることを認められる優しい男性であることをアピールできます。ただ、性格を書く時、あまりにも自己否定が多く自虐的な内容は避けることを心がけましょう。

結婚観は短すぎず長すぎず

男女ともに、ただ選んでもらえればいい、自分みたいなこんな人間だけど、的な卑屈な姿勢を出さないように気をつけましょう。具体的にこの人との結婚生活はこうなるのかな?と想像しやすいよう丁寧に書くことが大事です。

結婚観見本

結婚をしてお互いを尊重し合い、不足している部分を補い合えるようなあたたかい家庭を築いていきたいです。

長くダラダラと書くのはNGです。

最後の挨拶も忘れずに

「どうぞよろしくお願いします」で締めくくりましょう!

バツイチ子持ちの方の婚活についてはこちらの記事をご覧ください!

プロフィール写真も重要です!

プロフィールの内容が大事なのはわかりましたが、本当に一番大事なのはプロフィール写真です。写真の印象を見て実際会うかどうかが決まるので、ここを疎かにしているだけでお見合いする確率がグッと下がってしまいます。

そうだろうな、とは思ってました。自分で持ってるいい写真とかを使うんですか?

いやいや、カツ子ちゃん、ほとんどはプロのカメラマンの撮ってもらってるんだよ!

え!そうなんですね!

女性向け写真撮影のコツ

暗めの印象の服装は避けましょう。(黒、ネイビーブルー、グレーなどは暗い印象を与えてしまいます。清潔感があり、明るい印象で撮れるとベストです。イメージとしてはテレビアナウンサーのような感じでしょうか。派手なアクセサリー、ビビッドカラーの服、濃いめの化粧も避けましょう。ヘアメイクも女性らしい巻き髪やふんわりした髪型が良いです。女性らしい、穏やかで優しそうな印象を写真でも出せると良いでしょう。

男性むけ写真撮影のコツ

基本はスーツ姿が良いでしょう。ネイビーブルーやグレーのスーツにネクタイが一般的です。シャツがシワシワだったり汚れていないかを確認しましょう。清潔感がとても大事ですので無精髭などは絶対にNGです。サイズがあってない服はだらしなく見えたり、太って見えたりしますのでサイズの合ってるものを着用しましょう。ヘアスタイルも清潔感のある短髪が良いでしょう。

写真で気をつけたいポイント

写真を見て実際会うかどうか決めるのですが、実際会ってみて写真と全然違う、ということでは一回のお見合いが流れてしまうことになりかねません。スタジオでプロに撮影してもらう際にはあまりにも作りすぎた写真にならないように気をつけましょう。あとは、強烈な個性が出てしまう写真、どちらかというとマッチングアプリ向けのカジュアルな写真なども要注意です。

まとめ

カツ子ちゃん、これで絶対選ばれるプロフィールが用意できそうだね!

コン先生ありがとうございます!いけそうな感じがします!

どうでしたでしょうか。

基本は、嘘は書かないこと。結婚は一生ものです。その場でついた嘘はすぐバレるか、もしくは結婚という長い時間の中でずっと嘘をついて生きていくのは難しいのです。

お相手への希望、自己PRでも大事なのは、ネガティブ、アグレッシブな表現は避ける。さりげなく優しい言い回しで自分の希望を通す、自分の長所を表現するなども大事です。あとは、短く素っ気なさすぎず、長くくどすぎず、が男女共にポイントです。

北海道婚活商店は仲人仲介型、結果重視型の新しいカタチの結婚相手紹介サービスです。経験豊富なアドバイザーがサポートしながら「選ばれる」プロフィール作成も丁寧にお手伝いいたします!お気軽にお問合せください!